SKE Official Blog 2006年08月

SKE Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Top nation

先日BTCの追加フライヤーを撒きに渋谷へ行った。
そして高校からの仲間がバイヤーをしている、ブレイクダンサーやVinylジャンキー御用達の店      
Top nation」 に立ち寄った。店に到着するとPCをバラしてた。
CDR/Wドライブの交換に難航していて何故か俺がやる事に。無事完了。
そして謎の画像の男がエレクトロのVinylが充実してるのでチェックしてくれとの事。

koga2.gif


俺はこういう何かに特化した専門的な店は大好きだ。
ここにしか無いモノや、自分が知らなかったおもしろいモノがたくさんあるから。
前に自分が働いていた機材屋もそういう特化した専門店だった。
最近、大手や外資系が一つのビルに入って○○ヒルズみたいなのが増えている。それはそれで便利かもしれないが、この日歩いた代官山周辺は洋服にしても雑貨屋にしても以前より店数が減り、自分が好きだった店も無くなっていて活気が無いように思えた。何かさみしいねぇ。


SKE
スポンサーサイト
  1. 2006/08/31(木) 15:12:11|
  2. 未分類
  3. | TRACK BACK:0
  4. | COMMENT:2
NEXT PAGE >>

PROFILE

SKE

Author:SKE
ターンテーブリスト
サウンドクリエーター

自作機材とターンテーブルを使い、
スクラッチでインプロビゼーションを主体とするパフォーマンスを展開。
97年より活動開始。
00年Dis-DefenseDiscよりTape作品
「SKE 1997-2000」をリリース。
自主製作にて限定金属特殊ジャケット仕様をリリース。
03年ターンテーブリスト、バトルDJのツールとして作られた12inch「WhakhakhaBreaks」にトラック提供、素材編集で参加する。
04年日本を代表するフィメールラッパーMC RumiのファーストCD Album
「Hell Me Tight」にトラック提供。
07年Rumi セカンドAlbum「HellMe WHY??」に2トラック提供、スクラッチを収録。
同年日本各地にてRUMIのDJとしてツアーを行った。

LIVEではスクラッチを軸としたハードでエクスペリメンタルな轟音で自身を表現している。
コアなノイズミュージックシーンからも高い評価を得る。
また、このスタイルで今までに数多くのアーティストとセッションLiveをこなしてきている。
中でもL?K?Oとはスタイルがマッチしており不定期ながらも継続してセッションLiveを行っている。

LIVEのスタイルを中心にしていた時期はDJとしてのPlayは休止していたが、
DUBSTEPの斬新なグルーブとベースに魅了され2006年Event立ち上げと同時に
DUBSTEPを軸にBass MusicをPLAYを始める。自身のオリジナルも織り交ぜるPlayは必聴!
myspace-link.png

FINE TUNE



UPDATE >>2007.3.5

RECENT ARTICLE

LINKS

このブログをリンクに追加する

CALENDAR

08 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。