SKE Official Blog 6月後半のLive & DJ

SKE Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月後半のLive & DJ

■2007.06.16 (SAT)
DON LETTS JAPAN TOUR
"DUB CARTEL SOUND SYSTEM SESSIONS"
OPEN/START : 23:30-
CHARGE : ADV.3,500yen/DOOR 4,000yen

この日はSaloonでDJです!

"JUNGLE x DUBSTEP CLASH"
CHAMPION BASS vs BACK TO CHILL

More info >>DBS

070616_DONLETTS_flyer.jpg


■2007.6.23(Sat)
@ Shibuya DESEO
GOTH-TRAD and MEANING OF NONSENSE presents
ACID STEP Vol.1
Open/Start:24:00-
Charge:2,500yen

More info>>DESEO

ドイツよりNoize CreatorとEnzymの来日Event!
この日もDJです。

070623_front.jpg


そして!!!
Rumiのリリースツアーの始まりです。

■2007.6.29(fri)
@代官山UNIT
RUMI & CANDLE presents
"LOVE ATTACK!!!" TOUR 2007
OPEN/START : 22:00-
CHARGE : ADV. 2,500yen/DOOR 3,000yen

Rumi+SKE+αで一夜限りのロングセットです!

l_84122f6bb5e6e9bb4ae661837a407eb4.jpg


(20歳未満の人の入場は出来ません。入場の際に、顔写真付き身分証明書が必要です。20+, with Picture ID 20)
特典付き前売りチケット 2,500円 / 当日券 3,000円
(前売り券をお持ちの人は入場時に、Hell Me WHY?? バッヂプレゼント)

前売りチケット取扱店舗:
PIA: 0570-02-9999 [P: 261-976], LAWSON: 0570-084-003 [L: 32741], WE NOD, CISCO (HIP HOP&R&B SHOP / TECHNO SHOP),
diskunion (渋谷 CLUB MUSIC SHOP / 新宿 CLUB MUSIC SHOP / お茶の水 CLUB MUSIC SHOP / 下北沢 / 吉祥寺), GUINNESS RECORDS, JET SET下北沢, Onsa
お問い合わせ: UNIT 03-5459-8630 www.unit-tokyo.com / POPGROUP Recordings www.pop-group.net

More info>>Unit

お見逃し無く!!!

SKE
  1. 2007/06/13(水) 00:28:29|
  2. 未分類
  3. | TRACK BACK:0
  4. | COMMENT:0
<<RUMI & CANDLE presents LOVEATTACK TV | ホーム | Cat Fight!! / heso-CHAアナログリリース!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sekske.blog51.fc2.com/tb.php/105-2243313b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

SKE

Author:SKE
ターンテーブリスト
サウンドクリエーター

自作機材とターンテーブルを使い、
スクラッチでインプロビゼーションを主体とするパフォーマンスを展開。
97年より活動開始。
00年Dis-DefenseDiscよりTape作品
「SKE 1997-2000」をリリース。
自主製作にて限定金属特殊ジャケット仕様をリリース。
03年ターンテーブリスト、バトルDJのツールとして作られた12inch「WhakhakhaBreaks」にトラック提供、素材編集で参加する。
04年日本を代表するフィメールラッパーMC RumiのファーストCD Album
「Hell Me Tight」にトラック提供。
07年Rumi セカンドAlbum「HellMe WHY??」に2トラック提供、スクラッチを収録。
同年日本各地にてRUMIのDJとしてツアーを行った。

LIVEではスクラッチを軸としたハードでエクスペリメンタルな轟音で自身を表現している。
コアなノイズミュージックシーンからも高い評価を得る。
また、このスタイルで今までに数多くのアーティストとセッションLiveをこなしてきている。
中でもL?K?Oとはスタイルがマッチしており不定期ながらも継続してセッションLiveを行っている。

LIVEのスタイルを中心にしていた時期はDJとしてのPlayは休止していたが、
DUBSTEPの斬新なグルーブとベースに魅了され2006年Event立ち上げと同時に
DUBSTEPを軸にBass MusicをPLAYを始める。自身のオリジナルも織り交ぜるPlayは必聴!
myspace-link.png

FINE TUNE



UPDATE >>2007.3.5

RECENT ARTICLE

LINKS

このブログをリンクに追加する

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。