SKE Official Blog 1週間

SKE Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1週間

先週は少しドッタンバッタンしてました。
月曜日。
代官山UNICEにて打ち合わせ。
同敷地内UNITでTALIB KWELIのJAPANTOURにLOVE ATTACK TOURを一緒に周ったCANDLE+HERO81がオープニングアクトを努めるという事で、時間内に打ち合わせが終わったら観ようと思ったが断念。
その後の打ち上げだけ参加させてもらったが連載 Mary Joy 時代の記事にも出ているように、CANDLE+HERO81大健闘したようです!

火曜日、水曜日ひたすら制作。

木曜日。
西麻布にある香というCLUBで雷太+HERO81を観に顔を出す。
西麻布周辺から六本木の裏あたりを歩いたのだけど、まだ90年代の香りがして哀愁がある。

金曜日。
BTCフライヤー布教活動などで朝から動き廻る。
夕方。日曜のBBQに備えサナギREC代表と買出しへ。
深夜。12月に九州ツアーでお世話になる SHIHO the purplehazeさんに会いに中目黒OVOへ初めてゆく。
小箱ながらタイトな音で好印象。
SHIHOさんのロングセットではDUBSTEPもPLAYされてました。




土曜日。
中野HeavySick ZEROにてDJ Play早い時間にも関わらず、なかなか盛り上がった。Kode9の"Skeng"というTUNEがハイライトだった。
その後オレの次のDJ、BTCメンバーDJ百窓の遅刻によりロングセットになってしまった!

0710205.jpg


そして恵比寿MILKへ移動。
人で溢れかえっていて酸欠寸前だった。
SWINGIN'異常に盛り上がっていました。

071020.jpg


0710203.jpg


0710206.jpg


日曜日。
ほんで、そのまま無睡眠で某所でBBQへ。
宴は深夜近くまで続き、災難に遭遇した人や新キャラを開拓した人や傍観者やら様々な人間模様を良くも悪くも痛々しくも垣間見る。
人間、年を重ねてくると状況判断よりも、それぞれ自分の価値観を第一優先にするようです。

特に何か出来事が起きた時の対応にその人の本質が出ますね。
あたり前かもしれないが、自分がその立場にならないと気がつかないのが人間。
だとすると人間の嫌な部分の一つっすね。
困っている人がいたら助けてあげましょう。

っと上から目線でえらそうな事を書いてしまったが自分もそうかもしれない。
久々に今回の記事は日記っぽくなった!
たまには良いかな。

SKE
  1. 2007/10/23(火) 22:16:49|
  2. 未分類
  3. | TRACK BACK:0
  4. | COMMENT:2
<<少し遅れましたが | ホーム | 今週末のスケジュール>>

コメント

今回は読み応えありました。
SKEの文章は人柄でてて好きですね。
SWINGIN'めちゃめちゃ盛り上がってる。
  1. 2007/10/24(水) 03:01:38 |
  2. URL |
  3. AX #99DFA69w
  4. [ 編集]

サンキュースケさん
  1. 2007/11/03(土) 11:29:00 |
  2. URL |
  3. nl2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sekske.blog51.fc2.com/tb.php/135-3d2304c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

SKE

Author:SKE
ターンテーブリスト
サウンドクリエーター

自作機材とターンテーブルを使い、
スクラッチでインプロビゼーションを主体とするパフォーマンスを展開。
97年より活動開始。
00年Dis-DefenseDiscよりTape作品
「SKE 1997-2000」をリリース。
自主製作にて限定金属特殊ジャケット仕様をリリース。
03年ターンテーブリスト、バトルDJのツールとして作られた12inch「WhakhakhaBreaks」にトラック提供、素材編集で参加する。
04年日本を代表するフィメールラッパーMC RumiのファーストCD Album
「Hell Me Tight」にトラック提供。
07年Rumi セカンドAlbum「HellMe WHY??」に2トラック提供、スクラッチを収録。
同年日本各地にてRUMIのDJとしてツアーを行った。

LIVEではスクラッチを軸としたハードでエクスペリメンタルな轟音で自身を表現している。
コアなノイズミュージックシーンからも高い評価を得る。
また、このスタイルで今までに数多くのアーティストとセッションLiveをこなしてきている。
中でもL?K?Oとはスタイルがマッチしており不定期ながらも継続してセッションLiveを行っている。

LIVEのスタイルを中心にしていた時期はDJとしてのPlayは休止していたが、
DUBSTEPの斬新なグルーブとベースに魅了され2006年Event立ち上げと同時に
DUBSTEPを軸にBass MusicをPLAYを始める。自身のオリジナルも織り交ぜるPlayは必聴!
myspace-link.png

FINE TUNE



UPDATE >>2007.3.5

RECENT ARTICLE

LINKS

このブログをリンクに追加する

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。