SKE Official Blog 5/30 Kode9と再会!

SKE Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5/30 Kode9と再会!

5/30 SAT
-DUBSTEP / BREAK BEATS / ELECTRONICA-
SUPER SONIC
at MODULE (http://www.module-tokyo.com)
OPEN: 22:00
DOOR: \3000-1D / \2500-1D (W/F)
*You must be 20 and over with photo ID.

◆B2F◆
KODE 9 (HYPERDUB / from UK)
SKE
INNER SCIENCE
AZZURRO (ILL SUONO)
OSAM"GREEN GIANT" (Soi / REVOLT / Version)

QUARTA 330 (HYPERDUB) -LIVE-
MEMORY STORM (TempleATS) -LIVE-


◆B1F◆
KK (Lo-Vibes / Steppin' Ahead)
SHAMI (Soi / REVOLT)
KURARA
π (MAD SNAPPER)
紙田 聡 (MAGNET / Searchin')
DEMU (MAGNET / Abyss / TRAFFIC COMPILATION / 万祝)


◆ART◆
STONE63 (MAGNET / Searchin')

☆特定のジャンルに固執することなく、既存の枠組を越え、意識の範疇さえも超えた
所から生まれる新たな世界観を探し出すエクスペリメンタルジャーニー“SUPER
SONIC”!!その記念すべき実験の第1回目にはイギリス、ロンドンよりKODE 9の参加
が決定!ダブステップという範疇のみで彼を語ることなかれ、FLYING LOTUSらを筆頭
にビートサイエンティスト勢からの多大なる信頼を得ているのだ。そのKODE 9を迎え
“SUPER SONIC”では化学反応を起こすべく、とっておきの面々を招聘した。多くを
語る必要はないだろう。その目で、耳で、五感の全てで!この夜の証言者になってほ
しい。

■KODE 9 (HYPERDUB / from UK)
スコットランド、グラスゴー出身。現在、南ロンドンに拠点を移し、成熟期を迎えた
ダブステップシーンにおいて、なお進化、深化を続けるKODE 9。今となっては知らな
いものは居ないであろうレーベル[HYPERDUB]を運営し、これまでにBURIAL、THE
SPACEAPE、THE BUGなど、オリジナリティ溢れる重要アーティストを数多く送り出し
てきた。また稀代のビートメーカーFLYING LOTUSやDABRYEらとの親交を深め、彼らの
リミックスをリリースするなど、KODE 9はダブステップというタームをある一定の
ジャンルに閉じ込めてしまうのではなく、その音楽的な多様性と可能性を最大限に拡
大し続けることのできる類稀なセンスの持ち主である。[HYPERDUB]の持つ多様性と同
様に、KODE 9のプレイを定義づけるのは難しいが、彼が語る言葉のひとつひとつから
感じ取れるのは、重低音への飽くなき探求心だ。2006年に[TEMPA]よりリリースされ
たミックスCD『DUBSTEP ALLSTARS VOL.3』を担当し、ロンドンで開催されている最重
要パーティーDMZやFORWARDに幾度となく出演してきただけでなく、最近ではMARY ANN
HOBBSも注目しているロサンゼルス発のパーティーLOW END THEORY一派との接近も顕
著な彼のプレイには期待せずにはいられない。2009年にはファーストアルバムに引き
続きTHE SPACEAPEをボーカルに従えたニューアルバムのリリースを控えている。
http://www.hyperdub.net/
http://www.myspace.com/kode9

■MEMORY STORM (TempleATS)
降神のサウンドプロデュースなどを手がけるトラックメーカー、DJのKOR-1(MPC2000)
と、アメリカのサンディエゴを中心にバトルDJシーンでライヴやスクラッチのレコー
ディングなどで精力的に活動後、現在東京を中心に活動するDJ PSI KICK(ターンテー
ブル)によるインストゥルメンタルユニット。ファットなドラムとベース、ジャジー
なキーボード、スペーシーなサウンドエフェクトとともに、KOR-1の即興性を駆使し
たMPC2000の演奏とサイケデリックでドープなDJ PSI KICKのスクラッチが融合したそ
の世界観は、ジャズやヒップホップ、ファンク、ソウル、ハウスなどの垣根を越え、
メモリーストームという音の旅路へ誘う。2008年4月4日に[TempleATS]よりフルアル
バムをリリースした。
http://www.myspace.com/memorystormsm

■INNER SCIENCE
西村尚美によるソロ・ユニット。制作面では力強いドラムのグルーブと、きらびやか
でメロディックな音色が絡まるカラフルな世界観を構築。イーブンキックからダウン
ビートまで振り幅の広いリズムとやわらかなアンビエンスをダブ・ミックスとリアル
タイム・エディットを駆使して紡いでいくスタイルでの圧巻のライブと、そこから派
生/拡大解釈した音源ソースを大胆にプレイするDJイングには定評があり、一括りに
はし難い様々なパーティー現場を日々飛び回る。自身の音楽活動のみならず、様々な
アーティストへのエンジニア・ワークやリミックス提供、レコード・ジャケットやア
パレルのアート・ディレクション、プライベート・レーベル[PLAIN MUSIC]の運営な
どなど、課外活動も含めた多岐にわたるアプローチを続ける。2008年はトラック・
メーカーAZZURROとのスプリット12インチ「Attributions e.p.」と10インチ
「Attributions remix e.p.」、MC KEMUIとの競作「Infects」を12インチとCDでそれ
ぞれリリース。2009年は、9DW(CATUNE)のリミックス作品への参加や、DISC SYSTEM
meets INNER SCIENCE [ROMZ]のアルバムがドイツの[PROJECT MOONCIRCLE]にライセン
ス・アウトされアナログ盤でワールド・リリースされるほか、東京・お台場にある日
本科学未来館のプラネタリウムの新コンテンツ‘BIRTHDAY'(2009年1月10日公開)の音
楽制作を担当する等、初頭からフォーマットを問わない多彩な活動を展開。今年は自
身のソロ作も予定されている。
http://www.masuminishimura.com

■AZZURRO (ILL SUONO)
1990年代初めにメロー・イエローのDJとして活動をスタート。プロダクション面での
貢献と平行して、外部プロデュースやピーナッツ・バター・ウルフ、ノーバディ、
マッド・ドクター・X、瘋癲などのリミックスを手掛ける。2001年初頭にグループを
離脱し、AZZURRO(アズーロ)名義で活動するように。A Tribe Called Quest「Jazz」
のリミックスのほかBLUE NOTEのカバー・アルバム『New York Times』への楽曲提
供、ミックスCD『Fly Me To The Moon』『Electric Relaxation』など多岐にわたる
活動で独自のポジションを得る。2003年にソロ名義での初アルバム『Il Mare
Azzurro』をW.B.A.より発表。2004年よりcappablackほかの活動で知られるハシム・B
とのユニット、ILL SUONO(イル・スォーノ)として活動を始め、soup-diskよりアルバ
ム『ILL SUONO』、ダブリー、オミッドらが参加した『ILL SUONO Remixed』をリリー
ス。セカンドソロアルバム『10000 Light-Years From Home』(2007年)はフルインス
トで、メロウで透徹としたサウンドスケープが高い評価を得た。近年はDJドレッズと
のミックスCD『Flying Humanoid』、INNER SCIENCEとのスプリット「attributions
e.p.」「attributions remix e.p.」、ユニークなライブ盤『disco dal vivo』など
をリリース。エンジニアとしてもDulo(DJ Kiyo)、サヴァス&サヴァラスなど多数の
ミックス、マスタリングを手掛けてきている。最新作として、Mic Jack
Production、Freez、Miliらが参加したサードアルバム『The B-Side』を2009年4月15
日にリリース予定。
http://www.ilmareazzurro.com
http://www.myspace.com/ilmareazzurro

■SKE
97年よりターンテーブリスト、トラックメーカーとして活動開始。00年
[Dis-DefenseDisc]よりテープ作品「SKE 1997-2000」をリリース。同年自主製作にて
限定金属特殊ジャケット仕様をリリース。03年ターンテーブリスト、バトルDJのツー
ルとして作られた12インチ「WhakhakhaBreaks」にトラック提供、素材編集で参加す
る。04年日本を代表するフィメールラッパーMC RUMIのファーストCDアルバム『Hell
Me Tight』にトラック提供。07年RUMIのセカンドアルバム『Hell Me WHY??』に2トラック提
供、スクラッチを収録。同年日本各地にてRUMIのDJとしてツアーを行った。ライブス
タイルを中心にしていた時期はDJとしてのプレイは休止していたが、ダブステップの
斬新なグルーブとベースに魅了され2006年の“Back To Chill”のレギュラーイベン
ト立ち上げと同時にダブステップを軸にベースミュージックをプレイし始める。自身
のオリジナルも織り交ぜるプレイは必聴!09年ソロアルバム制作中。
http://sekske.blog51.fc2.com/
http://www.myspace.com/sekske

■OSAM"GREEN GIANT" (Soi / REVOLT / Version)
十代の頃から様々な音楽体験を重ね、90年代中頃からDJとしてのキャリアをスタート
させる。DISC SHOP ZERO主催、青山「MIX」での『(0)117』にスタート時より関わ
る。2006年より『Soi』に参加。重心低めの骨太なビートと、奥行きのあるダビーな
サウンドを好みながらも、枠組みにとらわれることのない選曲を信条とし、フロアか
らラウンジまで“緑巨人”な音世界を繰り広げる。他にも、原宿「UCESS THE
LOUNGE」での『REVOLT』や、代官山「UNIT」での『DRUM & BASS SESSIONS』などでも
プレイしている。

SKE
  1. 2009/04/16(木) 14:44:27|
  2. 未分類
  3. | TRACK BACK:0
  4. | COMMENT:0
<<4/18(SAT) KAIKOO Vol.11 | ホーム | 4/18>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sekske.blog51.fc2.com/tb.php/149-1a3b30e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

SKE

Author:SKE
ターンテーブリスト
サウンドクリエーター

自作機材とターンテーブルを使い、
スクラッチでインプロビゼーションを主体とするパフォーマンスを展開。
97年より活動開始。
00年Dis-DefenseDiscよりTape作品
「SKE 1997-2000」をリリース。
自主製作にて限定金属特殊ジャケット仕様をリリース。
03年ターンテーブリスト、バトルDJのツールとして作られた12inch「WhakhakhaBreaks」にトラック提供、素材編集で参加する。
04年日本を代表するフィメールラッパーMC RumiのファーストCD Album
「Hell Me Tight」にトラック提供。
07年Rumi セカンドAlbum「HellMe WHY??」に2トラック提供、スクラッチを収録。
同年日本各地にてRUMIのDJとしてツアーを行った。

LIVEではスクラッチを軸としたハードでエクスペリメンタルな轟音で自身を表現している。
コアなノイズミュージックシーンからも高い評価を得る。
また、このスタイルで今までに数多くのアーティストとセッションLiveをこなしてきている。
中でもL?K?Oとはスタイルがマッチしており不定期ながらも継続してセッションLiveを行っている。

LIVEのスタイルを中心にしていた時期はDJとしてのPlayは休止していたが、
DUBSTEPの斬新なグルーブとベースに魅了され2006年Event立ち上げと同時に
DUBSTEPを軸にBass MusicをPLAYを始める。自身のオリジナルも織り交ぜるPlayは必聴!
myspace-link.png

FINE TUNE



UPDATE >>2007.3.5

RECENT ARTICLE

LINKS

このブログをリンクに追加する

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。