SKE Official Blog SKE Sound Equipment 3

SKE Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SKE Sound Equipment 3

SKEが普段制作で使用している機材を紹介するコーナー第3回目です。
ライブやDJが立て込んでいて、だいぶご無沙汰になってしまいました。
今回はDUBやロックでお馴染みのサイケデリックなTape Echoマッシーン!
「Roland / RE-201Space Echo」です。

RE201.jpg

これは確か70年代中期頃に発売されたモノだったと思います。
仕掛けは、入力された音が筐体上部にあるテープに録音→再生→消去するという視覚的に分かりやすく奇抜な発想!本当、最初に考えた人はスゴイと思う。
日頃、自分が思うのは「そんなの普通じゃん」と思うモノ程スゴイという事。
何も無かったモノをスタンダードにした功績は大きいと思う。
TR-808の打込み方法にしてもそうだと思う。
食べ物で例えると友人が良く言う言葉で、最初にウニを生で食べた人はスゴイとか。。
え~、ちょっとズレてきたな。
さて、このRE-201の特徴の一つにintensityというパラメーターがありこのツマミを最大付近まで回すと発振します。
この音が何ともいえないスペーシーでサイケデリックな雰囲気を出します。
そしてRE-201にはスプリングリバーブが搭載されているので、こいつを足すとさらにドップリ浸る事が出来ます。
これに別途色々なエフェクター、例えば、フィルターやリングモジュレーターを通すとさらにおもしろい効果が得られます。アナログシンセにしてもそうだけど、この時期のRoland製品の音は正にスタンダードを作ったものだと思う。
他のメーカーでも色々とテープエコーは製品化されているけどダントツに好きな音です。
あっ! でもTapeEchoの元祖Maestro/ECHO PLEXもルックス含め結構好きです。

RE201-2.jpg

自分のお気に入りはアナログミキサーに立ち上げてAUX/SENDでフィードバックです。
EQの設定やスプリングリバーブのツマミの位置で色々と変化が得られておもしろいです。
だいぶ前からデジタルやプラグインでモデリングされた製品がでていますが、イレギュラーな使い方をした時の反応が本物とは違うのでまだ手放せないでいます。

RE-201の兄弟分のRE-150の映像です。↓


今回はこのへんで。

201サイコー!


SKE
  1. 2006/10/11(水) 12:56:27|
  2. 未分類
  3. | TRACK BACK:0
  4. | COMMENT:0
<<今週末は! | ホーム | "野外でぶち噛ませ” Report!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sekske.blog51.fc2.com/tb.php/35-bb202f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

SKE

Author:SKE
ターンテーブリスト
サウンドクリエーター

自作機材とターンテーブルを使い、
スクラッチでインプロビゼーションを主体とするパフォーマンスを展開。
97年より活動開始。
00年Dis-DefenseDiscよりTape作品
「SKE 1997-2000」をリリース。
自主製作にて限定金属特殊ジャケット仕様をリリース。
03年ターンテーブリスト、バトルDJのツールとして作られた12inch「WhakhakhaBreaks」にトラック提供、素材編集で参加する。
04年日本を代表するフィメールラッパーMC RumiのファーストCD Album
「Hell Me Tight」にトラック提供。
07年Rumi セカンドAlbum「HellMe WHY??」に2トラック提供、スクラッチを収録。
同年日本各地にてRUMIのDJとしてツアーを行った。

LIVEではスクラッチを軸としたハードでエクスペリメンタルな轟音で自身を表現している。
コアなノイズミュージックシーンからも高い評価を得る。
また、このスタイルで今までに数多くのアーティストとセッションLiveをこなしてきている。
中でもL?K?Oとはスタイルがマッチしており不定期ながらも継続してセッションLiveを行っている。

LIVEのスタイルを中心にしていた時期はDJとしてのPlayは休止していたが、
DUBSTEPの斬新なグルーブとベースに魅了され2006年Event立ち上げと同時に
DUBSTEPを軸にBass MusicをPLAYを始める。自身のオリジナルも織り交ぜるPlayは必聴!
myspace-link.png

FINE TUNE



UPDATE >>2007.3.5

RECENT ARTICLE

LINKS

このブログをリンクに追加する

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。